ibi-c

2030年までに、全世界で使用するペットボトルを100%サステナブルにサントリーグループ「プラスチック基本方針」を策定しました
サントリーのエコ活 環境負荷低減活動
  • 環境にやさしく使いやすく
  • 電気を大切に使う
  • 輸送にも工夫をこらす
  • 省エネや自然エネルギーの活用
  • 未来につながる作物の生産
  • 大切に使い、循環させる
環境にやさしく使いやすく
たとえば、パッケージで 軽くしたり、薄くしたり、リサイクルに知恵をしぼったり。資源を大切に使う工夫があります。
電気を大切に使う
たとえば、自動販売機で 発生した熱を再利用できる自動販売機を導入するなど、使う電力をできるだけ少なくしています。
詳しくはこちら
輸送にも工夫をこらす
たとえば、運ぶときも 高効率な輸送システムの開発・導入や、環境負荷が少ない輸送方法への切り替えなど、CO2排出量を減らす取り組みをしています。
詳しくはこちら
省エネや自然エネルギーの活用
たとえば、工場でも 工場では、省エネや自然エネルギーの活用に取り組む他、廃棄物の再資源化にも取り組んでいます。
未来につながる作物の生産
たとえば、商品の原料で 持続可能な栽培方法の採用など、恵み豊かな土地を未来につなぐために原料生産者とともに取り組んでいます。
大切に使い、循環させる
たとえば、水や資源で 限られた資源を大切に使い、可能な限り自然にかえす取り組みをしています。

水のことをもっと知ろう!

  • 「水の知」最前線
  • 水大辞典
大切な地球を、次世代へつないでいくために。サントリーは挑戦をつづけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です